紫外線が乾燥を引き起こす原因となる?

紫外線が乾燥の原因?

紫外線がお肌に悪いことは誰しも知っていることですよね。

 

シミやくすみの原因とよく言われますが、
実は乾燥も紫外線が原因で起こっている場合があるんです。
ここでは紫外線と肌の乾燥との関係をご説明しますね。

 

まず紫外線そのものに水分を奪う力があります。
しかし更にやっかいなことに、紫外線は体内で活性酸素を発生させ、
肌を酸化させてしまうため、肌細胞がダメージを受け、
本来人が持っているはずの肌のバリア機能を低下させてしまいます。

 

その代表ともいえるのがコラーゲン。
コラーゲンは肌を保湿しハリと弾力を保たせる働きをしますから、
紫外線によってこれが破壊されると肌は乾燥し、
シワやたるみの原因にまでなってしまうんです。

 

更に言えば、紫外線は肌のターンオーバーを乱します。

 

肌は紫外線にあたるとそのダメージを修復しようとして
肌のターンオーバーを早めてしまい、
未熟な肌細胞を作ってしまいます。

 

未熟な肌細胞は水分や皮脂が足りないため保湿力が弱く、
またバリア機能も弱いためダメージを受けやすいんです。

 

また紫外線から肌を守ろうとして古い角質を溜め込んで
しまうことでもターンオーバーを狂わせます。

 

それで紫外線対策は乾燥肌対策にも繋がると言うことができますね。

 

しかし私たちに有害な影響を与える紫外線には「A派」と「B派」があり、
このうちA派は波長が長いので室内にいたとしても
窓ガラスを通り抜けて肌に影響を及ぼします。

 

これに気づかず無防備でいる人が多いので、
気づかないうちに紫外線の影響を受けてしまっていることが多いんですよ。

 

とは言っても紫外線の影響をゼロにすることはできませんから、
一日の終わりにしっかりスキンケアすることは大切。
このサイトで適切なケア用品を見つけてくださいね。

紫外線が乾燥を引き起こす原因となる?関連ページ

【注意】間違ったスキンケアは、乾燥の原因となる
あなたは、間違ったスキンケアをしていませんか?もしそんなスキンケアをやっているのであれば、乾燥の原因になりますよ。
洗顔が原因?
間違った洗顔をすると乾燥を引き起こすことになる?!では、どんな洗顔方法が良いのか?ここでは、そのことについて書いてみますね♪
春夏秋冬の変化が乾燥しやすい?!
季節の変わり目って乾燥しやすいと思いませんか、春から夏へ、夏から秋へ、秋から冬へ、冬から春へ。どの時期でも乾燥している気がしますよね。
加齢も乾燥の原因のひとつ?
あなたは、加齢で年を重ねるごとに乾燥がひどくなってきたと思いませんか?その理由をお話してみました!
生活習慣が悪いと乾燥を引き起こす?
化粧品だけで乾燥をどうにかしようと思っていませんか?実は、それだけじゃ不十分なんですよ。乾燥を防ぎたいのであれば生活習慣についても見直しましょう。
食生活の乱れが乾燥を引き起こす要因になる?
乾燥って化粧品でケアするだけじゃなくて、食生活の乱れも正さないとダメって知っていましたか?本当に乾燥を克服したいのであれば、食生活も見直すことをおススメしますよ!