美容液の代表的な保湿成分といえば?

美容液の代表的な保湿成分といえば?

潤いのあるお肌のためのスキンケア、その中でも重要なのが美容液です。
美容液こそが保湿力のある肌に整える役割を果たすもので、
これがなければどれだけ水分を肌に補給しても潤いを維持することができません。

 

それで美容液を選ぶ際にはやっぱりどんな保湿成分が
配合されているかをチェックすることがポイントになります。
保湿成分と一言で言っても、その働きによって幾つかに分類することができます。

 

まず最も水分を維持する力が大きいのが、
細胞の間に水を挟みこんで維持する働きのある成分です。

 

その代表的な成分が「セラミド」。
本来人が備えている肌の保湿物質「細胞間脂質」の
約40%を占めるのがこの成分なんだそうです。

 

セラミドには劣りますが、他にも大豆から抽出される
「水素添加大豆レシチン」
「ステアリン酸コレステロール」
なども同じタイプの保湿成分です。

 

肌細胞に備わっている成分に水分を抱え込ませて
保湿させる働きをする成分もあります。

 

代表的なものが「ヒアルロン酸」で、
これは真皮にあるゼリー状の物質。
200〜600倍の水分を抱え込むことができます。

 

「コラーゲン」や「エラスチン」といった美肌成分として
有名な物質も、ここに分類されます。

 

水分をつかんで保湿する働きのある成分もあります。
このタイプが水分の維持力としては最も弱いもの。
代表的なのは「天然保湿因子」で、角質細胞内にあって
アミノ酸や尿素など20種類ほどの成分が集まってできている物質です。

 

これらの他に、最近では胎盤から抽出された「プラセンタ」なども
肌に潤いを与える有効成分として有名になりましたね。
いずれも保湿に効果のある成分であることに間違いはないんですけど、
問題は有効成分が高濃度に配合されているものほど高価であるということですよね。

 

美容液は毎日使うものですから、
続けることのできないものは適切とは言えないでしょう。
美容液選びなら、このサイトで価格と成分を比較するのがお勧めですよ。

美容液の代表的な保湿成分といえば?関連ページ

乾燥肌に効果的な美容成分といえばビタミン
保湿完全ガイドでは、保湿できる化粧水や美容液で本当に保湿効果があるのはどれなのか?を徹底調査し、実際に自腹で体験した内容などを元に紹介していくサイトです。
セラミドで乾燥肌を改善!
保湿完全ガイドでは、保湿できる化粧水や美容液で本当に保湿効果があるのはどれなのか?を徹底調査し、実際に自腹で体験した内容などを元に紹介していくサイトです。
たんぱく質・脂質も乾燥肌を改善するためには重要!
保湿完全ガイドでは、保湿できる化粧水や美容液で本当に保湿効果があるのはどれなのか?を徹底調査し、実際に自腹で体験した内容などを元に紹介していくサイトです。
コラーゲンを補充して乾燥肌を改善しよう
保湿完全ガイドでは、保湿できる化粧水や美容液で本当に保湿効果があるのはどれなのか?を徹底調査し、実際に自腹で体験した内容などを元に紹介していくサイトです。
お肌の保湿に欠かせない栄養素は亜鉛
保湿完全ガイドでは、保湿できる化粧水や美容液で本当に保湿効果があるのはどれなのか?を徹底調査し、実際に自腹で体験した内容などを元に紹介していくサイトです。
プラセンタで乾燥肌が治る?
保湿完全ガイドでは、保湿できる化粧水や美容液で本当に保湿効果があるのはどれなのか?を徹底調査し、実際に自腹で体験した内容などを元に紹介していくサイトです。
プラセンタの正しい摂りかたって?
保湿完全ガイドでは、保湿できる化粧水や美容液で本当に保湿効果があるのはどれなのか?を徹底調査し、実際に自腹で体験した内容などを元に紹介していくサイトです。
ビタミンC誘導体には種類があるって知ってた?
保湿完全ガイドでは、保湿できる化粧水や美容液で本当に保湿効果があるのはどれなのか?を徹底調査し、実際に自腹で体験した内容などを元に紹介していくサイトです。
美顔器はごわつき・ハリ不足を解消する効果はあるの?
美顔器はごわつき・ハリ不足を解消する効果はあるの?
ニキビは皮膚科に通っても治らない?
ニキビは皮膚科に通っても治らない?
自分に合ったものを選ぶ
自分に合ったものを選ぶ
美顔器は肌のキメを整える効果はあるの?
美顔器は肌のキメを整える効果はあるの?
紫外線からお肌を守る
紫外線からお肌を守る